ヒント
  • 属性を使いこなしましょう! 「地形:水」に電気を流せば、そこに立っている全員に電気ショックを与えられます。
  • 罠解除キットは、地雷とガス穴にも効果があります。
  • 隠密状態で目標に近づき、秘密の会話を聞いてみましょう。
  • キャラクターを調べるには、アクションメニュー内の「調査」を開いてください。「鑑定」が高いほど、より詳しい情報を得られます。
  • 2つの武器を同時に使用すると、サブウェポンは50%のダメージペナルティを受けます。「二刀流」にポイントを使えばペナルティを減らすことができます。
  • 通常ルート以外にも、アイテムや冒険はたくさん隠されています。
  • 町の衛兵を攻撃すると、命を落とすことになりかねません。
  • 「インベントリ」内から、アイテムの合成を行うこともできます。
  • スキルの効果は、能力値に基づいたボーナスとペナルティにより決められます。より強力なスキルを最大限に生かすには、よりキャラクターを強化する必要があります。
  • 常に新しい装備に目を向けておきましょう。悪魔は古い錆びた剣などものともしません。
  • 「動物語」という才能を使えば、動物と話すことができます。ワン、ニャー、モー。
  • 特定のスキル関連のアビリティにいくつもポイントを投じることで、より多くのスキルを習得できるようにしましょう。
  • スペルは周りの環境に反応します。取り巻く環境を有効に使ってください。
  • 水は「凍結」状態をもたらすスペルで氷になり、炎のスペルでは「蒸気霧」になります。
  • 勺杖に付属されたスキルを放つには、ホットバーに割り当ててください。
  • 属性耐性が100以上の場合、その属性の攻撃を受けると、逆に回復します。
  • 人々の多くは取引に興味を示します。一般市民でさえ何か面白いものを売ってくれるかもしれません。
  • ロックピックや鍵で開けずにドアや宝箱を破壊すると、武器がすぐに損傷します。
  • ホームステッドの取引相手は、他の誰も売っていない貴重なスキルブックを持っています!
  • 戦闘中にキャラクターを見失ってしまう場合は、オプションメニューでキャラクターの戦闘ハイライトを有効にしてください。
  • 町の住民が話している間に、彼らの背後に忍び寄りポケットの中身をあさりましょう。
  • オブジェクトを瞬間移動させるのは効果的な戦術です。敵を有害な地形に飛ばしたり、油の樽を敵の近くに置いたり、仲間を罠から遠ざけたりするとよいでしょう。
  • 「地形:ゲル」は上を歩く者を毒におかすだけでなく、高い可燃性を持ちます。気を付けて歩きましょう。
  • お金が足りなくても、自分で役立つ装備をいつでも作成できます。
  • 装備を長持ちさせたいのであれば、修理することを忘れないでください。
  • 「ウィザードとして開始して、「バトルメイジ」としてプレイすることもできます。開始時のクラスにこだわる必要はありません。
  • 「蒸気霧」に電撃が走ると、「帯電霧」に変化します。「帯電霧」は敵に電気ショックを与えます。
  • お金を使い果たした場合は、物々交換もできます! インベントリにあるアイテムを交換して、高額なアイテムを手に入れる時の値段を補うことができます。
  • 敵がすぐ近くにいない限り、霧の中にいる敵をターゲットにすることはできません。
  • パーティの人数は自由です。世界には、色々な冒険者が待ち受けているでしょう。
  • 人と話すときは遠慮しないでください。敵味方問わず、いろいろな話を分かち合いたがっているかもしれません。
  • スキルブックを見つけたり買ったりすれば、新しいスキルを習得できます。
  • 「巻物」を過小評価しないでください。小さな巻物1つがタイミングによって、状況をひっくり返すことだってあります!
  • 取引相手は、1時間毎かパーティ内のキャラクターのレベルが上がる毎に商品を補充します。
  • 矢や魔法などの投射物は、味方を傷つけることなく飛んでいきますが、爆発やエリア効果は全員に影響を及ぼします。
  • 戦いで不利になった場合、いつでも逃げることができ、準備を整えて挑むことができます。
  • 挑みたい戦闘、覚えておきたいヒント、終わらせたいクエストなどの為に、マップ上にマーカーを設置できます。
  • 弓とクロスボウの射程距離は限りがないように見えますが、ある程度の距離を超えると精度が徐々に落ちてしまいます。
  • 「アクションポイント」を多く消費するスキルを使いたい場合、ターンを1回スキップすることで、次のターンに「アクションポイント」を移行することができます。
  • 相手が死に値するとしても、白昼堂々殺人を犯せば必ず衛兵達が捕まえにやってくるでしょう。
  • 溶岩は壊すことも形を変えることもできません。なるべく避けて移動しましょう。
  • 「筋力」や「念動力」の値が高ければ、重いアイテムを動かすことができます。
  • 一度に覚える事のできるスキルの数には、限りがあります。
  • 町民、衛兵、敵にはそれぞれ所属があり、1人に攻撃をしかけると全体を敵に回しかねません。